おなじみ出店者さんコラム 〜丹波篠山 めぶき農房〜

▲▲おなじみの出店者さんを毎月一件づつピックアップでご紹介します▲▲

2016年10月より始まった、福知山ワンダーマーケット。
第29回目となる今月は2月24日(日)の第4日曜日開催です。

毎月ワンダーでおなじみの出店者さんを一件づつピックアップし、みなさんにご紹介していくこのコラム。

ワンダーマーケットにご出店頂くことになったきっかけや、
お店をされるうえで大切にされていることなど、
みなさんそれぞれのこだわりや想い。
知れば知るほど、次回のワンダーマーケットが待ち遠しくなること間違いなしです♪

今回は、丹波篠山 めぶき農房さんをご紹介します。

Q.福知山ワンダーマーケットに出店されたきっかけは?

A.SNSを見てくださった実行委員の方から出店しませんか?とお声がけいただきました。

Q.どんな商品をどんな想いで販売されているお店ですか?

A.大豆や小豆・もち米を生産している農家です。
丹波篠山は黒豆の産地ですが、黒豆だけではなく大豆と小豆で10種類ほど、昔から日本のあちこちで細々と作られている在来種を中心に作っています。
またもち米は玄米餅に加工して販売しています。
どれも農薬や化学肥料・畜産堆肥を使わずに栽培していますが、目指すのはシンプルに「おいしい」こと!
収量が低かったり作業性が悪かったり、廃れつつある品種の中には特別な味付けをしなくても十分おいしいものも多く、そんな品種を皆さんに紹介したい気持ちもあり、少しずついろんな品種を作っています。

おいしいね、それから無農薬ならなおいいね!と言って頂けるようなものが目指すところです。

Q.福知山ワンダーマーケットに出店された感想をお聞かせください。

A.「このマーケットを続けたい!よりいいものにしたい!」というスタッフの方の気持ちが伝わる場所だと思います。
丁寧な誘導や荷物の積み下ろしのお手伝い等、気落ちよく参加させて頂いております。
会場周辺の見どころを集めたマップをいただいた時は、出店以外でも私たちも福知山へ来てゆっくり回ってみたいと思いました。
アーケードのある商店街での開催なので、お客様も出店者も天候に左右されにくいところも魅力です。

また隣の出店者の方との距離があるので、お客様にゆっくり見ていただけているように感じます。お客様側から見ても、目的のお店を見つけやすいレイアウトですね。

また、皆さんの出店内容がバランスよく、かつバラエティに富んでいるので、端から端まで、飽きることなく何往復もして頂けるのではないでしょうか?

Q.おすすめ商品は??

A.今の時期なら玄米餅がおすすめです!
玄米餅はもち米を精米せず玄米の状態でついたお餅で、白いお餅に比べ歯切れも良く、小さなお子様やご年配の方でも食べやすいお餅です。
また、玄米そのものの甘みもしっかりと感じられるお餅なので、何もつけなくてもおいしい!のが自慢です。
塩を少し加えただけのプレーンタイプの玄米餅の他、紫色の鮮やかな黒米入り玄米餅、香ばしい黒大豆入り玄米餅、片手でつまめて手軽に食べて頂けるもちスティックなどがあります。

Q.お客様に一言!

A.毎年冬〜春にかけてだけ出店させていただいておりますが、その間は全力でおいしいものを販売いたします!
めぶき農房のほかにも、毎回ワクワクするお店、おいしいお店がたくさん!ですので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。


◉◉◉ブロガー募集中!◉◉◉

福知山ワンダーマーケットでは、市内外から私たちのコンセプトに共感してくださるたくさんのお客様にお越しいただいております。

そんな方々に対して、私たち目線で「素敵なお店情報」や「仕事情報=ワンダーハローワーク」、「住まい情報=ワンダー不動産」を発信していきます。

そうすることで、福知山には実は色々楽しい場所があるんだぞ!ということを広めていき、より福知山ファンが生まれることを目的に活動したいと思っております。

そうした情報を取材し、記事として発信していくブロガーさんを募集しいています^^

ぜひ、一緒に福知山の街の情報を作って発信していきましょう!


お申し込み、お問い合わせは
メールやInstagram、facebookで受け付け中!!!
また、福知山より大きな都市部から福知山に移住していただける方には月給20万程度で従業員として専従スタッフになっていただくことも可能です。
元気で面白いスタッフと一緒に
ワンダーを、新町商店街を、そして福知山を
盛り上げていきましょう(^_^)♩

メール : wonderfukuchiyama@gmail.com

Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.