▼▽2019.08.25開催 福知山ワンダーマーケット当日レポート▽▼

こんにちは!
福知山ワンダーマーケット実行委員会です。

8月25日に開催された、福知山ワンダーマーケットのレポートをお届けします!

8月上旬の猛暑と比べて、開催当日は新町商店街に心地よい風が吹き抜けていました。とはいえ、まだまだ日差しの厳しい季節。かき氷や冷たいドリンクを片手に、マーケットを楽しむ人たちの姿が見られました。

8月の初出店者を紹介

今月の初出店は2店舗。食べ物と飲み物部門の『Cafe & Bar Rong』さんと雑貨と手仕事部門の『CLOTH FARM』さんです。

Cafe & Bar Rong

大人な雰囲気の店構えが特徴の『Rong』さん。おすすめの商品は夏場に嬉しい冷製スープ。「アンチョビとじゃがいものスープ」と「スパイシーガンボスープ」の2種類です。

なめらかな口当たりとアンチョビの旨味がぎゅっと詰まった「アンチョビとじゃがいものスープ」。夏野菜がたっぷり入ったトマトベースの「スパイシーガンボスープ」。どちらを選べばいいのか迷ってしまいます……!

また、『Rong』さんは、新町商店街にある「アーキテンポ」にも出店中。ワインやクラフトビールと一緒に、おしゃれな創作料理をいただけます。詳しくは以下のリンクをチェックしてみてください。

Cafe & Bar Rong

CLOTH FARM

大正15年に創業した播州織の機屋さん。伝統と技を受け継ぐ3代目が、自社ブランド『CLOTH FARM』を展開。福知山ワンダーマーケットに初出店していただきました。

播州織は、北磻磨で生産される綿織物。江戸時代から続く伝統的な産業で、糸の段階で色を染めてから織る先染織物が特徴的です。思わず撫でたくなる、柔らかな風合いや色合いがポイント。長く使える逸品です。

日々の暮らしに寄り添う『ダブルガーゼの手ぬぐい』や『ダブルガーゼのハンカチ』のほか、ベビースタイ、ヘアーアクセサリーなども販売。お友達へのプレゼントはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりです!

CLOTH FARM

8月のPick Up出店者

Mango Farm

農薬・化学肥料・動物性有機肥料を使わずに、彩り鮮やかなタイ野菜を栽培している『Mango Farm』さん。自然に寄り添った持続可能な農法にこだわりながら、少量多品目の野菜を手がけています。

淡い紫色とぽってりとした見た目がかわいらしい『タイ茄子』や『プリッキーヌ(タイ唐辛子)』を使った自家製のスイートチリソースが店先に並びます。「スイートチリソースは餃子に添えるのがおすすめ。醤油やポン酢に戻れなくなるくらい美味しいですよ」と、店主の都倉さん。自宅でもタイの風味を楽しめます。

Mango Farm
Facebook / Instagram

studio SHIMONE

鉄のフライパンや卵焼き器、アイアン雑貨などを手がけている『studio SHIMONE』さん。機械でプレスして作るのではなく、1枚の鉄の板を手作業で打ちながら丁寧に作られています。

鉄の風合いと味わい、付け根部分のねじれたデザインが特徴的。嬉しいことに、IHキッチンにも対応しています(扱い方に要注意)。「玉ねぎの輪切りを豪快に焼くのがおすすめ。もちろん、お肉を焼けば香ばしさが増しますよ」と店主。普段のお料理だけでなく、秋のキャンプに持ち出したくなる逸品です。

studio SHIMONE

お休み処 多可・だんご茶屋

兵庫県多可町のブランド認定商品『みたらしだんご』が名物。炉端焼きのお団子に特製のあまからじょうゆダレをたっぷりからめて。熱々のまま召し上がれ。

食べてみたらお分かりいただけますが、『多可・だんご茶屋』さんのお団子は外側がカリッと、内側がトロッとしていて、1度食べると病みつきになります。多可町には本店もあり、川沿いの古民家でゆっくりくつろげるのだそう。イベント出店時には休業しているので、事前にFacebookをチェックしておきましょう!

お休み処 多可・だんご茶屋

次回は【9月22日】に開催!

8月の終わりに開催された、福知山ワンダーマーケット。出店者さんのこだわりが詰まった、雑貨やドリンク、スイーツ、フードなどがたくさん並んだ1日でした。

次回の福知山ワンダーマーケットは【9月22日】に開催予定。秋に差し掛かる季節、マーケットはどのような表情を見せてくれるのでしょうか。

季節の変わり目。
どうぞお体気に気をつけてお過ごしください。

皆様のお越しをお待ちしております!